WR(3-6年生)『フィギュアスケートショー』

今回のレッスンレポートは、WR(3.4.5年生)の『フィギュアスケートショー』です。水性ペンをしっかり固定して、ホワイトボードシートに動いた軌跡を描く構造のロボットを組み立てました。サンプルプログラムの違いをよく観察し、ロボットがどの様に動くのか予想しながらレッスンに取り組んでいました。そのサンプルプログラムを参考に、フィギュアスケートショーのプログラムを作ることができました。

今回のお家で続けようは「ロボットに三角形を書かせるには、どんなプログラムを組み立ててればよいでしょうか?」です。そのほかの図形にも挑戦してみてくださいね。