8-11歳児のカリキュラムロボットプログラミング

ワールド・ロボティクス

対象学年:小学3・4・5・6年生

ロボティクスの学習は子どもたちの論理的な思考力、創造的な問題解決力を育むのに効果的です。ロボット教材「レゴ®マインドストーム」を使って、自立型のロボットデザイン、プログラミングの基礎を習得しながら、自分のアイデアとデジタルを融合させた新たなテクノロジーを創造すること、社会性を発揮するスキルを高めることを目的としています。4つのテーマに沿ったストーリーの中、そこに登場するキャラクターたちが、子どもたちを問題解決のプロセスに導くガイド役を演じながら、レッスンを進めていきます。

ワールド・ロボティクス / World of Robotics

能力を高める様々なレッスンテーマ

A『ロボット スポーツ キャンプ』

フィギュアスケートやスポーツカーレースなど、色々なスポーツ競技を行うロボットスポーツのスターを組み立て、プログラミングしながら、レゴ® マインドストームEV3の本体操作、ソフトウェア、モーター、センサーの基本を段階的に学んでいきます。

『ロボット スポーツ キャンプ』

B『ロボット サイエンス パーク』

見たことのないロボット生物が生息するロボット サイエンス パークを探検するストーリーの中、子どもたちは研究者として、実在する動植物の生態とロボットの生物を対比しながら、センサーの応用活用やデータロギング実験などを行っていきます。

『ロボット サイエンス パーク』

C『ロボット シティ ライフ』

近未来都市ロボット シティの生活を創造するレッスンを展開します。子どもたちは、フライトシュミレーターにチャレンジしたり、プログラム制御されたビートボックスを使ってDJになったり、街の様々な目的のためにロボットを設計する手助けをしていきます。

『ロボット シティ ライフ』

D『ロボット デザイン ラボ』

子どもたちはこれまでに学んできた全てのスキルを使って、プロジェクト学習へと進んでいきます。一つのプロジェクトに長期間取り組み、さらに踏み込んだ研究活動と発表を通して、論理的な思考やプレゼンテーションのスキルを育みます。

『ロボット デザイン ラボ』

おもに高めるスキル

  • ロボット技術を活用した新しいアイデアの発明と自分のアイデアをロボットに伝え動かすスキル
  • STEM(Science, Technology Engineering and Mathematics)の要素を取り入れた、論理的思考、客観的思考の構築
  • 課題発見する力と仲間と課題解決のためのコラボレーションスキル、発表のためのプレゼンテーションスキルの向上
  • 課題解決のための適切な情報選択や意思決定、伝達能力などの、ICTスキルの向上